Event is FINISHED

【9/6&9/13】「贅沢な読書会 第四十五回」桜木紫乃×瀧井朝世

Description

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、BUKATSUDO会場ではなく、ビデオ通話アプリ「Zoom」を使用したオンライン開催(前後編/全2回)といたします。
 
  
**
一冊の本を通して、多くの人と触れ合うことのできる「読書会」。本を読んだ感想を語らうことは、それぞれの価値観や感性、さらには、これまでの人生を分かち合うこともできる貴重なひとときでもあります。
でも……。そんなにも濃密で素晴らしい時間を仲間と過ごし、共に語り合ったことが、作者本人に届いたら、もっと素敵だと思いませんか?
そこでBUKATSUDOでは、「贅沢な読書会」をほぼ毎月開講中です。

<これまでのゲスト作家、課題作は、こちらからご覧いただけます>
https://bukatsu-do.jp/?report=school_reading
 
モデレーターにお迎えするのは、数々の雑誌やメディアで、作家インタビューや書評、対談企画などを担当されているフリーライターの瀧井朝世さん。
  
一冊の課題図書をめぐる「読書会」は、2回にわたって開かれます。
前編は、モデレーターの瀧井朝世さんと参加者でのスタンダードな読書会。瀧井さんから作者の作風や、実際にインタビューされた話などを伺いながら、課題図書への理解をより深めるとともに、作者の方に質問したいことを皆で考える重要な回です。
 
そして後編では、いよいよ課題図書の作者ご本人をお迎えし、読書会で語り合った話をもとに、瀧井さんと作者を囲んでのトークを楽しみます。
 

「贅沢な読書会」45回目にお迎えするのは、小説家の桜木紫乃さん。
課題図書は、2020年6月に集英社より刊行され、先日第15回中央公論文芸賞を受賞した『家族じまい』です。

 
*************************************

桜木紫乃『家族じまい』(集英社)
  
子育てに一区切りついた智代のもとに、突然かかってきた妹・乃理からの電話。
「ママがね、ぼけちゃったみたいなんだよ」
新しい商売に手を出しては借金を重ね、家族を振り回してきた横暴な父・猛夫と、
そんな夫に苦労しながらも共に歳を重ね、今は記憶を失くしつつある母・サトミ。
親の老いに直面して戸惑う姉妹と、さまざまに交差する人々。
夫婦、親子、姉妹……家族はいったい、いつまで家族なのだろう。
北海道を舞台に、家族に正面から向き合った五編からなる連作短編集です。
 
*************************************

日曜の昼間、本を通してかけがえのない仲間に、そして作家に出会うことのできる贅沢なオンラインでの2時間を、どうぞお楽しみ下さい。

 
【日時】
9月6日(日)14:00-16:00 瀧井朝世さんと参加者による読書会 
9月13日(日)14:00-16:00 桜木紫乃さんを囲んでの読書会 

※両日程ともオンライン(ビデオ通話アプリ「Zoom」使用)開催です。音声・カメラを原則ONにしてご参加いただきます。
※桜木紫乃さんのご出演は9月13日(日)のみとなります。
※2日間セットでの講座です。両日参加できる方のみご応募ください。
※通信環境の悪化等の事由によりご視聴が途切れてしまった場合、ご返金いたしかねますことをご了承ください。
※お申し込みいただいた方に、開催前々日までに当日の会場URLをお送りします。
  

 

【出演】
・桜木紫乃(小説家)
・瀧井朝世(ライター)


【受講料】
全2回 5,000円(税込)
 
【定員】
12名   

【主催】
BUKATSUDO
https://bukatsu-do.jp/


Sun Sep 6, 2020
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加費(9/6&9/13) SOLD OUT ¥5,000
Organizer
BUKATSUDO
3,810 Followers

[PR] Recommended information